【iPhone】Siriの基本的な使い方とおすすめ設定

siri設定

  • Siriはどうやって使えばいいの?
  • おすすめの設定はあるの?

こんな疑問を解決する記事を用意しました。

iPhoneの音声検索機能「Siri」

Siriは自分にあった設定にすることで、さらに使いやすくできます。

この記事では、Siriの基本的な使い方とおすすめの設定について解説します。

Siriの基本的な使い方

Siriを起動する

Siriを起動する方法は3つあります。

  • “Hey Siri”と呼びかける
  • ホームボタン(iPhone X以降はサイドボタン)を長押し
  • AssistiveTouchからSiriを起動

これらを有効にする設定方法を解説します。

“Hey Siri”と呼びかけて起動させる設定

「設定」アプリを開き、Siriと検索をタップ。“Hey Siri”を聞き取るのスイッチをタップします。

Hey Siriを聞き取るオフ

設定画面が表示され、Siriに自分の声を認識させる下記の問いかけに答えます。

  • iPhoneに向かって、”Hey Siri”と言ってください
  • “Hey Siri、メッセージを送信。”と言ってください。
  • “Hey Siri、今日の天気は?”と言ってください。
  • “Hey Siri、タイマーを3分にセット。”と言ってください。
  • 最後に、”Hey Siri、音楽をかけて。”と言ってください。

5つの問いかけに答えれば設定は完了です。

Hey Siriの設定完了

ホームボタン(iPhone X以降はサイドボタン)を長押しして起動させる設定

「設定」アプリを開き、Siriと検索をタップ。ホームボタンを押してSiriを使用(iPhone X 以降は「サイドボタンを押してSiriを使用」)のスイッチをオンにすれば完了です。

ホームボタンを押してSiriを使用オン

AssistiveTouchのカスタムアクションにSiriを設定

1「設定」アプリを開き、一般アクセシビリティの順にタップします。

アクセシビリティ

2AssistiveTouchをタップし、AssistiveTouchのスイッチをオンにします。

AssistiveTouchオン

3カスタムアクションのいずれかに「Siri」を登録すれば完了です。

カスタムアクション

Siriに呼びかけた言葉を編集する

Siriに呼びかけた言葉は、キーボードで編集することができます。

1“Hey Siri”またはホームボタン(iPhone X以降はサイドボタン)を長押ししてSiriに呼びかけます。呼びかけた言葉の下に「タップすると編集できます」と表示されるので、タップします。

タップすると編集できます

2キーボードが表示されたら、言葉を編集して完了ボタンをタップします。編集された内容に対してSiriが答えてくれます。

言葉を編集

Siriをより便利に使うおすすめ設定

ロック中にSiriを許可

iPhoneをロック中でもSiriを起動できます。

「設定」アプリを開き、Siriと検索をタップ。ロック中にSiriを許可のスイッチをオンにすれば完了です。

ロック中にSiriを許可オン

自分の情報

Siriに自分の情報を教えておくと、自宅に帰るルートなどを聞けば案内してくれるなど、利便性が増します。設定方法は以下のとおりです。

設定画面で「自分の情報」をタップ → 連絡先一覧が表示されるので、自分の名前をタップ(自分の情報を連絡先に登録しておく必要があります。)

自分の情報

Siriをキーボード入力で使用する設定

Siriをキーボード入力でも使用することができます。ホームボタン(iPhone X以降はサイドボタン)でSiriを起動したとき限定ですが、呼びかけます声を出しにくい場面で活用できます。

1「設定」アプリを開き、一般アクセシビリティの順にタップします。

アクセシビリティ

2Siriをタップ、Siriにタイプ入力オンにすると、キーボード入力できるようになります。

Siriにタイプ入力オン