【iPhone】QRコードの読み取り方法!標準カメラアプリでOK

iPhoneでは、2017年9月にリリースされたiOS11から、標準カメラアプリでQRコードの読み取りが可能になりました。

この記事では、iPhoneのカメラでQRコードを読み取る方法を解説します。

標準カメラでQRコードを読み取るための設定

iPhoneの標準カメラでQRコードを読み取るには、「設定」アプリで「QRコードをスキャン」をオンする必要があります。

手順は下記のとおりです。

「設定」アプリを開き、カメラをタップ。QRコードをスキャンのスイッチをオンにすれば完了です。

QRコードの読み取り方法

iPhoneの標準カメラアプリでQRコードを読み取る方法を解説します。

1「カメラ」アプリを起動して、画面にQRコードが映るようにピントを合わせます。※このとき撮影しなくても大丈夫です。

2QRコードの読み取りに成功すると、画面上部にポップアップが表示され、タップするとWebサイトが開きます。

MEMO
URLデータの場合はポップアップを下にスワイプすると、Webサイトのプレビューを見られます。